ハリネズミの飼い方

  • ハリネズミの特徴
    体重 雄:400〜600g
    雌:300〜400g
    寿命 平均:4〜6年(長いもので8年)
    体温 35.4〜37.0

温度・湿度

22℃~32℃の間に維持する必要があります。理想的には24℃~29℃です。
寒すぎたり、暑すぎたりすると休眠状態に陥ります。もともと冬眠などする動物ではありませんので、体に大変な負担がかかります。好ましい湿度は40%以下。

床材

柔らかく、吸湿性に富んだものが良いです。こまめに汚れたところを交換します。

好ましい床材
  • アスペンの削りくず
  • 干し草
  • シュレッダーにかけた古新聞

などがおすすめです。

避けた方がよい床材

ケガや病気の原因となるものは避けましょう。

  • ワイヤー →(ケガ)
  • 杉など針葉樹の削りくず →(過敏症)
  • ほこりの出る床材 →(呼吸器障害)
  • コーンコブ →(消化管内異物)
  • においのある床材 →(過敏症)

など。

照明

ハリネズミは夜行性です。明るい光を嫌いますが、日中弱めの光10~14時間供給する必要があります。

トイレ

中にはトイレを利用するハリネズミもいますが、利用しないハリネズミもいます。トイレを設置する際は植物性のものが良いようです。
糞が付着することで皮膚炎が起こりやすいので、汚れたところはこまめに掃除します。

トイレトレーニングの仕方

  • ケージ内にした糞を全てトイレの中に入れておく
  • 食後に囲いをつけたトイレに閉じ込める
  • 他のハリネズミの糞をトイレに入れておく
  • いつも排便している場所にトイレをおく

運動

回しぐるまを是非設置しましょう。その際、ワイヤー製のものを選んではいけません。足を引っ掛けて怪我をする場合が有ります。また、広い場所での運動も毎日させます。

活動的なハリネズミに必要なケージの大きさは60cm x 90cm以上とされています。

食事・水

主食としてハリネズミ専用フードを水でふやかしてあげます。大人のハリネズミで小さじ3〜4杯を1日に与えますが、年齢、活動量、妊娠の有無により増減します。

その他にも下記のような副食を毎日与えたほうが良いようです。

  • 小さじ1〜2杯程度:犬猫の缶詰、加熱した肉(ミンチ)や卵、ミルワーム
  • 小さじ1杯程度:野菜・フルーツ(豆類、加熱した人参・かぼちゃ、トマト、バナナ、ぶどう、りんごなど)

注意)

  • 牛乳は下痢の原因になることがあるので注意が必要です。
  • ナッツ、種子食、硬いもの(生の人参など)は口の中で詰まることがあるので避けます。
  • 水は新鮮なものをいつでも飲めるようにしておきます。ぶら下げるタイプのウォーターボトルも利用できます。
一番上に戻る
TEL:0178-45-0672 メール問い合わせ スタッフ募集